こんなにあるの!?道東のおすすめ温泉3選

道東屈指の名湯である川湯温泉

川湯温泉へのアクセスは、JR川湯温泉駅からバスで約10分の場所にあります。川湯温泉は今も噴煙を上げる硫黄山の麓で湧いている温泉です。大きな特徴としては硫黄の香りが漂うことであり、草津温泉と並び称される硫黄泉なのです。道東屈指の名湯ということで、道内外から大勢の湯治客でにぎわっています。屈斜路湖や摩周湖にも近く、観光拠点としても魅力があります。そして冬には空気中の氷が凍り付くことで起きるダイヤモンドダストが見られることがあり、その神秘的な光景を楽しむことができます。

美人の湯として名高い十勝川温泉

十勝川温泉は帯広市の隣の音更町にある温泉であり、JR帯広駅からバスで25〜30分程度でアクセスできます。この温泉は美人の湯として名高く、2004年北海道遺産に選定された植物性モール温泉が湧いています。植物性モール温泉とは、地下に堆積する太古の植物が地熱によって発酵して湧き出たものです。温泉の特徴としてはやや茶色がかったお湯であり、入浴後には肌がスベスベになると評判です。さらに冬には十勝中央大橋付近に飛来する白鳥を見ることができます。

まりもの生息地である阿寒湖温泉

阿寒湖温泉へはJR釧路駅からバスで2時間ほどの距離にあるため、レンタカーなどを利用すると良いでしょう。阿寒湖畔の南側一帯にある温泉街は、通りに沿って旅館や飲食店などが立ち並んでいます。阿寒湖温泉は昔ながらの温泉街の雰囲気を出していて、とても懐かしい気分になれます。阿寒湖温泉の特徴としては、景色を楽しみながら入浴できる旅館やホテルが多いことです。

フラマイレーツを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です